Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2005 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312006 02
HOME > アーカイブ - 2006年01月

タイタニック アルティメット・エディション

6日に今年最初のDVDを購入しました。



「タイタニック アルティメット・エディション」

あのw「タイタニック」の既発売DVDと言いますと、
現在、「ベストヒット50・キャンペーン」で2,079円(税込)
で買えますが、あちらは1枚に200分弱の本編を
レターボックスで収録したのもので、特典も予告編程度でした。
米国盤にしてもほぼ同じ仕様で、どちらのDVDも
LD用のマザーテープを流用しているような内容でした。
また、既にデジタルWOWOWでの放送も行われていますが、
HD放送の場合でもアップコンバート版で
その後はSD放送が主だった記憶があります。

つまり、世界でも最もヒットした作品でありながら
この初スクィーズ・DTS-ES 6.1Ch音声収録という
リマスター版、アルティメット・エディションが出るまで
「タイタニック」の高画質・高音質ソフトは存在しなかった訳です。

買って来て早速、プロジェクターで観ましたが、
その内容は期待以上のもので、DVDとしては最上のクオリティ
と云ってよいと思います。
まあ、200分弱もある長編ですので、今時珍しく、
本編がディスク1とディスク2とに分かれて収録されている点が
難といえば難なのですが、その分、収録ビットレートに余裕が生まれ、
それがストレートに画質・音質に反映している感じです。


キャメロン監督としては、
「タイタニック」のようなスケールの大きな作品は、
家庭のTVより、劇場の大スクリーンでこそ活きる、
という考えから、パッケージソフト化については
かなり消極的だったのかもしれません。
それが、製作から10年近く経って、やっと気持ちが変わったのかな
という気がしています。




手持ちの「タイタニック」グッズ。
国内盤LDと米国盤DVDと公式クロニクル・ブック、
それに今回発売された「アルティメット・エディション」DVD。



「ジェームズ・キャメロンのタイタニック」

今まで「タイタニック」の製作過程の詳細は、
この本を通してしか知ることが出来ませんでした。
その意味で、今回の「アルティメット・エディション」の
充実した映像特典や音声解説は新鮮で、嬉しかったです。
スポンサーサイト



[ 2006/01/09 10:43 ] DVD、BD、HD DVD | TB(3) | CM(2)