Cinema Kingdom Blog

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2005 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312006 02
HOME > アーカイブ - 2006年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今年はユニバーサル・スタジオ・ハリウッドに行く!…かも

今年は何とか、本家「ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド」
に行きたいなぁと思っています。
ついでに「カリフォルニア ディズニーランド・リゾート」にもw。

http://www.ush-nihongo.com/
http://www.disneyland.jp/

恥ずかしながらわたくし、こんないい歳をして、
まだ一度も海外旅行自体をしたことがありません。(汗)
サイパンやグアム辺りに行くくらいなら沖縄の方が好きですし、
今まで切実に海外に行きたいという気も起こりませんでしたので…。
そもそも、海外旅行に行けるほどの日数、
仕事を休めるかが大問題だったりします(しました)しねぇ…。

しかし、最近、このままでは、ウダウダやっているうちに
一度も海外に行かずに死んでしまうような気がして来ています。
(最近の口グセは「もうそろそろ俺、死ぬから」です。苦笑)

と言いますのも、
ウチのオヤジが癌で逝ったのは50代半ばでしたし、
(現在は元気ですが)母が脳溢血で倒れたのも50代後半の時…、
また、叔父達も早くは27歳とかなり早死にしておりまして、
子供の頃6人居た叔父達も今や一人を残すのみとなっております。
片や、叔母(伯母)さん達は、赤ん坊で亡くなった叔母を除くと
一人も亡くなっておりません。(苦笑)
つまり、我が一族の男は、早死にしやすい体質なのです。(たぶん)
僕も気が付くと、すっかりいい歳になってしまいましたしw、
このところ、残された時間は「せいぜい10年程度ではないか?」
という気がして仕方が無いのです。

そこで、そろそろ重い腰を上げて、今後は機会があれば
海外にもバンバン出て行こうかなと思っておる次第です。
となれば、映画好き、テーマパーク好きとしては、
やはりL.A.が第一候補になります!
ツアー料金も最近は国内旅行並で嘘のように安いですし、
一週間程度の休みを取って、今年中には(気が長いw)
どうにか行ってこれたらなぁ~と思っております。

という訳で、
昨日w、早速、パスポートの申請に行って来ました。
3月20日からIC入りの新しいパスポートに切り替わるそうで、
別にすぐに必要という訳ではない(というか、具体的な予定すらない)
僕にしてみれば、「それまで待てば?」ってな話ですが、
せっかく書類を揃えたので、そのまま申請してしまいました。


でも一人旅だと割高なんですよねぇ…。
どなたか一緒に出掛けて、ツアー代金を節約しませんか?
HISなんて、三人揃えば、今なら三人目は半額ですもんねぇ。
これが一人旅だと、通常料金の1.5倍くらいになるんですよ。
まあ、彼女とでも行ければ、一番良いのですが…w。
スポンサーサイト
[ 2006/01/31 19:46 ] 日常の雑記 | TB(0) | CM(0)

HONDA CREA SCOOPY (原付スクーター)

年末に実家に寄った際に、近所のコンビニまで
一番下の妹のオンボロ原チャリに遊びで乗ってみたところ、
意外と楽しかったので、僕も一台欲しくなりました。
その妹はついこの間、車を買ってからというもの
原チャリにはまったく乗らなくなってしまったので
チラッと「譲ってもらおうかな」とも思いましたが、
なんせボロい上、最近、調子も悪いということなので止めました。

その後、原付スクーターについてネットで調べるようになり、
もし買うのなら、主にルックス面からw、
ホンダのクレアスクーピーかヤマハのビーノにしようかなと
思いました。
どちらのスクーターも「ローマの休日」で御馴染みの
Vespaを想わせるクラシカルなデザインで、
どちらかというと、女性向けのイメージがありましたが、
いい歳をして、ガキが乗るような普通のスクーターは
遠慮したかったのですw。

今年に入ってから、近くのバイクショップの場所を調べて
何軒かのショップを見て周るようになりました。
ホンダとヤマハの特約店でスクーピーとビーノの新車を
見ましたが、新車のスクーピーは色がイマイチ好みではなく、
新車のビーノは色は良いものの、大きさやデザインが
いかにも女のコ向きという印象を持ちました。
それにTodayやDioやBJ、Let's4クラスの新車であれば、
11万前後で買えるのに、スクーピーやビーノですと
16.5万前後はするので、ちょっと割高感もありました。
そこで程度の良い中古を探すことにしました。

特にビーノは、旧デザインの2スト・モデルの方が
現行の4スト・モデルより数段カッコ良く思え、
スクーピーにしても旧モデルの銀/白か黒/白の方が
僕の好みに合っていますので、その意味でも
中古を買った方が後悔が無さそうに思えたのです。

そうやって近所で中古を探してみると、
よく見かけるスクーピーに比べて意外とビーノが見当たりません。
あっても現行モデルで値引きもあまり期待出来ない感じでした。
そこで、ホンダのスクーピーの銀/白に絞ることにしました。
スクーピーはビーノと違って、
新車も中古も基本的なデザインは同じですので
パッと見の違いは、実質、ボディカラーだけになります。

結局、ネットで見付けた隣町のバイク屋さんに頼んで
条件に合ったスクーピーを業者のオークション会場で
落札してもらいました。
8台くらいの候補の中から、1,300キロ弱しか走っていない
状態の良さそうなものを見繕ってもらえましたし、
その後、フロントフェンダーを新品と交換してもらい
整備も完璧にしてもらえたので、良い買い物だったと思っています。
型番(AF55-130…)から推測するに、第三世代の2003年モデル
のようです。代金は3年の自賠責込みで合計128,000円でした。
サービスでウィンターグローブも付けてもらいました。
(これで次のAV機器購入はしばらく先送りになりましたw)


納車は24日で、登録は25日に自分で済ませました。
中古ですので片側の側面に細かいキズはありましたが、
ワックスをかけたらピカピカになりました♪
この季節ですから乗ればやはり寒いのですがw、
その後の数日間は、楽しくて田舎道を走り周っておりました。



[ 2006/01/31 14:27 ] 日常の雑記 | TB(1) | CM(0)

小切手換金サイト、Get2Cash!!が夜逃げ?

僕も小切手換金をお願いしていた「Get2Cash!!」が
2006年1月18日頃からサイトにログインすると
強制的にハネられ、内容が表示されなくなっています。

今年に入ってから振込みがされていないという報告が
会員BBSに多数ありました。
会社側は、年末にシステムトラブルがあった上に、
年末年始の休みが重なって混乱が起きている、
と説明して来ましたが、サイトまであんな状態では、
いよいよ、夜逃げされたのかもしれません。

実は僕も迂闊で情けないのですが、
去年、気が付かないうちに「Get2Cash!!」は
それまでの経営会社から独立し、
秋には換金する銀行が変更になったとのことで
新たに身分証明書のコピーと、裏書の漢字サインに
ローマ字の併記が必要になっていました。
先月、二ヶ月ぶりに小切手を送った後で
何気に久々にサイトにログインしたところ、
いくつか大きな規約改正が行われていることを
その時、始めて知ったのです。
そんなに重要な変更なのに、サイトを隅々まで読むか
ログインしないと分からない状態で、
僕は数ヶ月サイトには行っていませんでしたし
メールでの連絡もなかったので、まったく知りませんでした。

その間も小切手を送ることは何度かしていましたので
確認してみると換金が2度ほど保留になっていました。
そこで慌てて身分証明証のコピー等を送りました。

一昨年から利用していますが、いずれの小切手も問題なく
換金されていましたので、すっかり信用して、
その後もあまり気にしていませんでした。
自分が数ヶ月、ログインしていなかったのが原因ですから
保留されていたのは仕方ないと思っておりましたし、
1月16日に振込みがあるはずだったので、その時にでも
一緒に振り込まれるのだろうと楽観していたからです。

結局、僕は計約600ドル分の小切手を預けており、
いまだに換金待ち状態なのであります。
しかも最後に小切手を送ったのは、ついこの間(14日)
なのですから、泣くに泣けません。
(この小切手の到着確認メールもありません)

個人情報の流失の心配もありますし、
困ったことになりました…。
[ 2006/01/19 13:02 ] サイト運営上の雑記 | TB(6) | CM(9)

透過型液晶プロジェクターの欠点「縦縞」

現行の透過型液晶パネルでは、
製作過程で有機膜に配向性を持たせるために、
パネルを擦(こす)る工程(これを「ラビング工程」と云います)
が必要で、この擦った痕が、「網目」と並ぶ、
透過型液晶プロジェクターの欠点である、所謂、「縦縞」
と呼ばれる色むらの原因になっています。
そこから、この縦縞状の色むらは別名「ラビングノイズ」
と呼ばれています。

「ラビング工程」はD4パネルでもD5パネルでも
必要ですので、パネルの世代に関わらず、
「縦縞」問題はそのまま持ち越されて来ました。
特に松下のTH-AEシリーズでは、この「縦縞」が
どういう訳かとても目立ちます。
僕のAE700でもシーンによってはかなり見えて、目障りです。
(サンヨーのZシリーズには「縦縞」軽減用の
 調整機能がある為か、パナ機ほどは目立ちません)

ただ、エプソンは既に被膜形成を分子レベルで堆積することで、
配向膜を生成する、無機膜化技術「クリスタルクリアファイン
(C2 FINE)」の開発に成功しております。
この「クリスタルクリアファイン」ではラビング行程が不要
なので、原理的にラビングノイズ(つまり縦縞)は発生しません。
また、素のコントラスト比もD5パネルの750:1の4倍から5倍
になり、シーン連動型の絞り機能を搭載した最終的な製品では
10000:1程度になると云われています。

ただ、「クリスタルクリアファイン」技術を使ったパネルでも
開口率に関しては、原理上、DLP並の高さまでは行かないでしょう。
(開口率が高いほど、画素間の格子が見えにくくなる)
また、現行の三枚式透過型液晶プロジェクタよりも
高輝度化が難しい、という欠点もあるようです。
ですから、全暗が前提のホームシアター用途ではともかく、
プレゼン用途では厳しいものがあるかもしれません。

ですが、クリスタルクリアファイン技術を
搭載したパネルの解像度はフルHD(1920×1080)が中心
になるでしょうから、自ずと画素の格子も
HD(1280×720)パネルよりは見えにくくなるでしょうし、
プレゼンには従来のデータ用小型プロジェクタを使えばいい訳で
これらの欠点はそれほど大きな問題にはならないと思います。


これはあくまで個人的な意見ですが
このパネルがD5パネル程度の価格で量産されるようになれば、
開口率の高さという利点はあるものの
原理的に色割れから逃れられない上に、
高コストに成らざるを得ないホームシアター用の
単版式DLPプロジェクタは、ほぼ駆逐されると見ています。
[ 2006/01/17 09:09 ] ホームシアター | TB(0) | CM(0)

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

書き忘れていましたが、大晦日に遊びに来た友人が
「元旦なら千円で観れるから、
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』を観に行くつもり」
と云うので、僕もその気になり、その足でマイカルまで予約に行き
翌日、一緒に朝イチの字幕版を観て来ました。

感想は星★★★☆で、65点といったところでしょうか。
「三大魔法学校対抗試合」の模様などは、
お金のかかったSFXもあって、一見の価値ありだとは思いますが、
前作までを観ていない一見さんには、登場人物の関係等が複雑で
ツライ作品だと思います。
まあ、シリーズものですから仕方ない部分もありますが、
この作品をご覧になるのであれば、前作までの作品を予習
(特に「アズガバンの囚人」は必見)してから観ることを
強くお勧めします。

英国が舞台でありながら、今までイギリス人の演出ではなかった、
ハリー・ポッター・シリーズですが、この作品で初めて
「フォー・ウェディング」、「モナリザ・スマイル」の
英国人監督、マイク・ニューウェルがメガフォンを取っています。
しかし、今回は「あの人」がいよいよ復活してしまうこともあって
全体的に陰鬱な内容で、前作までは辛うじて存在した
ワクワクしたり、笑えるシーンがほとんどありません。
こんな展開なのに、なぜマイク・ニューウェル監督に依頼が行き、
また彼もそれを引き受けたのかが、よく分かりません。
(因みに、傑作「フォー・ウェディング」は大好きな映画です)
また、「原作のダイジェスト版」との感も
ますます強まっています。

ただ、ヴォルデモート役の俳優の演技は素晴らしく、
「この人、上手いなぁ。レイフ・ファインズに似ているなぁ」
と思っていたのですが、調べてみたら、当の本人でしたw。
(メイキャップでほとんど素顔が分からない役でしたので)


やはり、ハリー・ポッター・シリーズは一作目の「賢者の石」が
一番デキが良かったように思います。
その後は、回を追う毎に失速しているように思います。

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』公式サイト
[ 2006/01/10 10:18 ] 映画 | TB(0) | CM(0)

タイタニック アルティメット・エディション

6日に今年最初のDVDを購入しました。



「タイタニック アルティメット・エディション」

あのw「タイタニック」の既発売DVDと言いますと、
現在、「ベストヒット50・キャンペーン」で2,079円(税込)
で買えますが、あちらは1枚に200分弱の本編を
レターボックスで収録したのもので、特典も予告編程度でした。
米国盤にしてもほぼ同じ仕様で、どちらのDVDも
LD用のマザーテープを流用しているような内容でした。
また、既にデジタルWOWOWでの放送も行われていますが、
HD放送の場合でもアップコンバート版で
その後はSD放送が主だった記憶があります。

つまり、世界でも最もヒットした作品でありながら
この初スクィーズ・DTS-ES 6.1Ch音声収録という
リマスター版、アルティメット・エディションが出るまで
「タイタニック」の高画質・高音質ソフトは存在しなかった訳です。

買って来て早速、プロジェクターで観ましたが、
その内容は期待以上のもので、DVDとしては最上のクオリティ
と云ってよいと思います。
まあ、200分弱もある長編ですので、今時珍しく、
本編がディスク1とディスク2とに分かれて収録されている点が
難といえば難なのですが、その分、収録ビットレートに余裕が生まれ、
それがストレートに画質・音質に反映している感じです。


キャメロン監督としては、
「タイタニック」のようなスケールの大きな作品は、
家庭のTVより、劇場の大スクリーンでこそ活きる、
という考えから、パッケージソフト化については
かなり消極的だったのかもしれません。
それが、製作から10年近く経って、やっと気持ちが変わったのかな
という気がしています。




手持ちの「タイタニック」グッズ。
国内盤LDと米国盤DVDと公式クロニクル・ブック、
それに今回発売された「アルティメット・エディション」DVD。



「ジェームズ・キャメロンのタイタニック」

今まで「タイタニック」の製作過程の詳細は、
この本を通してしか知ることが出来ませんでした。
その意味で、今回の「アルティメット・エディション」の
充実した映像特典や音声解説は新鮮で、嬉しかったです。
[ 2006/01/09 10:43 ] DVD、BD、HD DVD | TB(3) | CM(2)

年末年始も通常勤務…

皆さん、年末年始は如何お過ごしだったでしょうか?
世間的には、そろそろお屠蘇気分も醒める頃だと思いますが、
わたくし岩窟王は、例年通り、年末年始も通常勤務
でありました。(涙)

それにしても11月辺りから本日まで、
気が付けば、かなりの赤字となっております。(汗)
何に消えたのか、自分でもハッキリ把握していないのですがw、
財布がかなり軽くなってしまったのは純然たる事実なのであります。
プロジェクタの買い換え用に用意していたお金も
すっかり目減りしてしまいました。(汗)

そこで、プロジェクタはもう少し先送りにするとして、
元旦に近くの大型量販店に寄った際に、購入候補の
デジタルハイビジョンレコーダー・シャープ「DV-ARW15」
の値段を聞いたりして、冷やかしたついでに、
地上波デジタル用に新たにUHFアンテナを取り付けると、
一体、いくら位になるのかを聞いてみました。
東京タワーの地上波デジタルの電波出力が12月1日に最大になった
と聞いていたので、そろそろかなぁと思っていたのです。
すると、最低でも3万、場合によっては6万もかかると云います。
BSアンテナなら1万円ちょっとなのに、意外と高いので驚きました。

でも年末年始の地上波の番組では
ハイビジョン放送が目立ちましたし、遅くともドイツW杯までには
取り付けたいものです。
大家が親戚なので、近く相談してみますか…。


[ 2006/01/06 09:26 ] 日常の雑記 | TB(0) | CM(1)

あけまして、おめでとうございます

あけまして、おめでとうございます


皆様、昨年中はたいへんお世話になりました。
本年もよろしくお願い致します。


※追記※
因みに…、上の犬は、あるコメディ映画に登場しているのですが
わりと映画は観ているはずのある友人から
「あの犬、何?」、「知らない」と云われました。
映画好きなら、誰でも知っているだろうと思って選んだのですが、
もちろん、あなたはご存知ですよね???
[ 2006/01/01 07:58 ] 日常の雑記 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。