Cinema Kingdom Blog

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2005 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312006 01
HOME > アーカイブ - 2005年12月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

2005年に購入したDVD全タイトルリスト

Webサイトを開設した翌年の2000年から、毎年年末になりますと、
その年に購入した全てのDVDをリストにまとめております。

2004年に購入したDVD全タイトルリスト
2003年に購入したDVD全タイトルリスト
2002年に購入した全DVDタイトルリスト
2001年に購入した全DVDタイトルリスト
2000年に購入した全DVDタイトルリスト


今年も終わろうとしておりますので、
恒例の「2005年に購入したDVD全タイトルリスト」の発表
をしたいと思います。
スポンサーサイト
[ 2005/12/31 16:16 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)

12月に購入したDVD、「亡国のイージス」、「交渉人 真下正義」、「戦国自衛隊1549」


キング・コングができるまで 製作日記(2枚組)
キングコング(1933年版・廉価版)
亡国のイージス プレミアム・エディション(2枚組)
戦国自衛隊1549 標準装備版 (初回限定生産) (2枚組)
交渉人 真下正義 スタンダード・エディション(2枚組)


師走ということもあって慌しく、
今月は珍しく米国盤を注文しませんでした。
また、国内盤の洋画で関心のあるタイトルについては、
既に米国盤で入手済みのものがほとんどで、
ここ数日で購入したタイトルは邦画中心になりました。


★2点、☆1点で評価しますと…
●「亡国のイージス」
★★★☆
●「交渉人 真下正義」
★★★
●「戦国自衛隊1549」
★★☆
といったところでしょうか。

「亡国のイージス」は原作者の福井晴敏が
「ダイ・ハード」の大ファンということで、
ストーリーも「ダイ・ハード」路線でしたね。
最近の日本映画としては健闘していると思いますが
あまり印象的なシーンがなかったり俳優がいないのが難点でしょうか。
映画なんですから、ワンカットで感動させてほしいです。
中井貴一の役なんて、韓流スターにオファーしても良かったのでは?

「交渉人 真下正義」は映画ネタが満載でしたが、
クライマックスは、モロ、ヒッチコックの「暗殺者の家」
(これのセルフ・リメイクが「知りすぎた男」)の
狙撃シーンの転用でしたね。(「真下」の方は爆弾ですが)
踊るシリーズの映画では最も面白いと聞いていたので
それなりに期待していたのですが、なんせ、底が浅過ぎ…。
やたらと伏線を張ったわりに、ほとんどオチなしで終わります。
ディテールばかりに凝って、基礎が脆い辺りは、
映画の耐震構造偽装ってな感じですw。

「戦国自衛隊1549」は、
千葉ちゃんの爪の垢でも飲んで出直せ!ってな感じでした。
主要キャラもそうですが、隊員達の無個性ぶりに唖然としました。


邦画のDVDはバージョンばかり多いですが、
通常版と呼ばれる1枚組は本編のみで約4千円、
特典映像が付いている二枚組になると、いきなり5、6千円
になるものが多いですから、やはりかなり割高に感じます。
もちろん、日本映画が世界マーケットに占める立場、
つまり、国内だけで制作費・宣伝費を回収しなければならない
という理屈は分かりますが、大ヒットした作品のDVDまで
大コケした作品と同じ価格設定であるというのはおかしな話です。
また、リリースから数年経っても廉価版のDVDがほとんど出ない
というのも、千円から1,500円程度の廉価版洋画DVDのリリースラッシュ
と比較しますと、納得いかない部分があります。
例えば、日本映画の黄金時代であった50年代、60年代の作品が
二千円程度の廉価版でバンバン、リリースされるようになれば
(アニメだけでなくw)もっと日本映画に興味を持ってくれる
若い世代の映画ファンが増えると思うのですが…。


まあ、こんな具合に好き勝手なことを書き散らしておりますうちに
2005年もいよいよ本日限りとなりました。
来年が僕にとってもw、皆様にとっても
素晴らしい一年になればと願っております。
どうぞ、皆様、良いお年をお迎え下さい!
[ 2005/12/31 10:54 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)

液晶「LP-Z4」か、DLP「LVP-HC3000」か…

早ければ来年早々にも買い換えようと思っている
720Pプロジェクターなのですが、液晶の「LP-Z4」にするか、
DLPの「LVP-HC3000」にするか、いまだに決めかねています。

いや、理性的に考えれば、「LP-Z4」で決まりなのです。
カラーブレーキングノイズが見えやすい体質でありますし、
レンズシフトで設置にも気を使わないで済みますし、
「根岸通信」さんに作ってもらった3Pメガネインレットの
特注の電源ケーブルもそのまま使えますし、
現在のAE700の擬似天吊りに使っているオーエスの
「プロジェクター吊り下げキット P4-A」も
ネジを換えるだけで、そのまま使えます。
また、動作音もZ4の方が静かでしょうし、本体のデザインも
(電動開閉レンズカバーを含めて)Z4の方が好みですし、
なにより値段が安いのですからね。

では、なんで悩んでいるのかと云いますと…
液晶プロジェクタより優れたコントラスト比と
網目が目立たないという、DLPならではの二大利点が
19万程度で手に入るという事実なのであります。
時々感じる色割れを除いて、映像だけを評価しますと
「LVP-HC3000」は昨年までの定価100万クラスのDLPプロジェクタと
ほとんど遜色がない(あるいは、それらを部分的には上回る)画質
なのです。
また、デモ機を見た限りでは、あまり好みでなかった色味も
調整次第でどうにかなりそうな気もしています。

ただ、「LVP-HC3000」にはD端子が装備されておりませんし、
レンズシフトもありませんし、手持ちの特注の電源ケーブルも
天吊りキットも使えません。
(まあ、天吊りキットに関しては、板にネジ穴を開け、
 合うネジを買ってくれば、まったく流用出来ない訳でも
 ないと思いますが…。)
その上、長焦点レンズ(1.2倍)で今より投射距離が必要ですし、
打ち込み角も大きいので、今までのように天吊りで使うのには
かなり天井に近い位置に設置し直さないといけません。

これでは購入後、どちらが苦労するかは目に見えています。
やはり、プラス・マイナスで考えればZ4で決まりなのです。
でも…(以下、繰り返しw)



[ 2005/12/25 13:34 ] ホームシアター | TB(0) | CM(5)

AACSのコンテンツ運用規定が決定

長らく揉め続けていた「AACS」の規格策定ですが、
この程、やっとコンテンツ運用規定が決まったようです。

ITmedia +D LifeStyle:日本ではHDアナログ出力制限が無効に
――AACSのコンテンツ運用規定が決定


僕を含めて「HDMI端子」が搭載されていない、
コンポーネント端子やD端子などのアナログ入力のみの
ハイビジョン対応のTVやプロジェクターをお持ちの
日本の消費者にとっては、ひとまず、
ひと安心といったところです。

HDやフルHDのハイビジョン機器を持っていても
「HDMI入力端子」がないばかりに、
次世代ディスク(「Blu-ray Disc」(BD)と「HD-DVD」)や
BDベースのPS3を本来の1080i画質では楽しめない
ということになったら、最悪でしたからねぇ。

リージョンコードに関しても現行DVDとは違い、
(少なくとも「Blu-ray Disc」については)
日本と北米が同じコード番号になるとのことですので
僕のような海外DVDマニアもやっとリージョンフリー化を考えないで
好きなプレイヤーを買うことが出来るようになります♪


★「AACS」についての詳細は
AACS - Advanced Access Content System - 日本語
日経エレクトロニクス > 【用語】AACS
有力ハイテク企業と映画スタジオが
新しいDVD保護技術で協力 - CNET Japan

HDパッケージソフトが自分のハイビジョンTVで楽しめない?
――AACSの行方

ITmedia ライフスタイル:
HDMIで揺れるハイビジョンテレビの難題

ITmedia ライフスタイル:
次世代著作権保護技術を見据えた「賢いAV機器選び」

[ 2005/12/25 12:33 ] ホームシアター | TB(0) | CM(0)

WISH YOU A MERRY CHRISTMAS !!!


どうぞ皆様、素敵なクリスマスをお過ごし下さい♪


[ 2005/12/24 08:54 ] 日常の雑記 | TB(0) | CM(0)

キング・コング

このところ、映画ブログというよりは
モロ「旅行ブログ」という感じの記事が続いていました。(汗)
今日は久々に映画について書きましょう。

20日に買い物でマイカルに寄った際に、何気に映画館を覗くと
ちょうど「キング・コング」の開始時間だったので
観て帰ることにしました。


【キング・コング KING KONG】

(C)2005 Universal Studios.
●監督・製作:ピーター・ジャクソン
●脚本:ピーター・ジャクソン、フラン・ウォルシュ、
    フィリッパ・ボウエン
●音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
●出演:ナオミ・ワッツ、エイドリアン・ブロディ、
    ジャック・ブラック
●上映時間:186分
「キング・コング」公式サイト

脇役にも注目で、
ベンチャー号の船長イーグルホーン役に
『戦場のピアニスト』でエイドリアン・ブロディを助けた
ドイツ将校を演じたトーマス・クレッチマン、
映画監督カール・デナムの助手プレストン役に
トム・ハンクスの息子、コリン・ハンクス、
オリジナル版にはない船員ジミーの役を
『リトル・ダンサー』では少年だったジェイミー・ベル、
コックのランピー役とコングのモーションキャプチャーを
「ゴラム」ことアンディ・サーキス、などとなっています。


作品のデキとしては、90点といったところでしょうか。
期待が大き過ぎたのか、「最高!満点!」とまでは云えませんが、
充分、及第点をあげられるデキではありました。


これ以前に「キング・コングができるまで 製作日記」と
500円と超廉価な33年度版のオリジナル「キングコング」のDVD
を買って観ていました。


キング・コングができるまで 製作日記(2枚組)
キングコング(1933年版・廉価版)

因みに、「キング・コングができるまで 製作日記」の中で
「キング・コングの続編製作が決定し、全三部作になる」
と語られている部分があり、大いに話題になったそうですが、
これはエイプリル・フールに発表されたジョークとのことです。
なんせ、主役が死んでいるんですから続編は無理でしょうw。



【以下、ネタバレがあります。ご注意下さい】
[ 2005/12/22 18:26 ] 映画 | TB(12) | CM(2)

奈良 法隆寺と薬師寺

USJオフ会翌日の12月1日(木)は、
奈良まで足を延ばし、中学の修学旅行以来wとなる
「法隆寺」と「薬師寺」を観に行くことにしました。

朝9時過ぎにホテルをチェックアウトして、
環状線で天王寺駅へ。そこで「JR大和路線」の
快速に乗り換え、まずは「法隆寺駅」へ。
約35分程度で到着しましたが、
駅舎が想像以上に小さくて驚きました。
駅前もコンビニがあるくらいで小さな町です。
まだバスも動いていなかったので、
タクシーで行こうかなぁと思いましたが
法隆寺まで約1.5Kmしかないと聞いて、
徒歩で向かうことにしました。

聖徳太子を祭る法隆寺とその周辺には、
現存する木造建築では世界最古といわれる
千数百年前からの仏教建造物が建ち並び、
国宝建築19棟、国宝彫刻17と、
所有する国宝の数はダントツ日本一なのだそうです。

■法隆寺





[ 2005/12/14 11:35 ] 旅行・聖地巡礼 | TB(0) | CM(0)

第五回USJオフ会(その4)

USJ-映画のテーマパーク
★バナークリックでUSJ公式ページへ★


30分後、土産物を抱えた皆さんと合流して、
「ハリウッド・マジック」のクリスマス・バージョンである
「クリスマスタイム・マジック」を観に、ラグーンに向かいました。
初めての来園で「ハリウッド・マジック」を観て以来、4年間、
来る度になぜか観れなくなる、相性の悪いショーでした。(苦笑)
おととしの晩秋に訪れた際の「クリスマスタイム・マジック」も
開始間際に豪雨が降って来て、急遽中止になっていたので
今回はぜひ観たいと思っていました。

ショーの開始直前に行ったので、
あまり良い場所では観れませんでしたが、
今回は無事にショーが始まりました。





キャストから盛んに立たないで下さいと注意を受けて、
ずっと半腰でいましたので、足が痺れましたしw、
開園した年に観た「ハリウッド・マジック」に比べますと
終盤を中心に演出がいくらか簡素化されている印象でしたが、
まあ、久々に観れたので良かったです。


今回、体験出来たアトラクションとショーは、時間順に
「ターミネーター2・3D」→
「アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド」→
「JAWS」→昼食(「ロングブランチバーベキュー」)→
「シュレック・4-D・アドベンチャー」→
「ハッピー・ハーモニー・セレブレーション」(パレード)→
「ウォーターワールド」→→「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」→
「アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド」→
「ホワイト・クリスマス・キャロル」(ショー)→
「クリスマスタイム・マジック」(ショー)でした。

それほど混雑していなかったので、
無料の「EXPRESS パス」のシステムがそのままであれば、
「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」を始め
あといくつかのアトラクションを楽しめたと思いますが、
肝心のUSJが潰れても困るので、まあ、良しとしましょう。
[ 2005/12/11 11:07 ] 旅行・聖地巡礼 | TB(0) | CM(4)

第五回USJオフ会(その3)

USJ-映画のテーマパーク
★バナークリックでUSJ公式ページへ★


「ウォーターワールド」の次は、午前中にパスした
「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」に向かいました。

実は、僕はこの数日前に首を寝違えてしまい、
それ以来、首と肩がずっと痛かったのですが、
吹きさらしの寒い会場で「ウォーターワールド」を観ているうちに
その痛みがだんだんひどくなって来ていました。
せっかくポンチョまで買っておきながら残念ですが、
旅先でこれ以上ひどくなってもまずいので、JPライドは辞退し、
Codyさんにポンチョを譲って、KちゃんとSさんと一緒に
皆を待つことにしました。


皆と別れてから、KちゃんとSさんを誘って、
暖かいものを飲んで待とうと、目の前の
「ディスカバリー・レストラン」に入りました。
ここのホットドリンクはコーヒーと紅茶のみで
おふたりに「どっちがいい?」とお聞きしたら
Kちゃんはコーヒーで、Sさんは紅茶と答えたのに
僕は首の痛さもあって、ボ~ッとしたまま
「ホットコーヒー、レギュラーで三つ」と頼んでいました。(汗)

席に着いてから間違いに気付き、お詫びすると、
「あっ、コーヒーでもいいです」とおっしゃったので
コーヒーでも大丈夫なんだろうなと思って、
その後は三人でやすさんとの出会いのキッカケや
好きな映画の話などのお喋りして過ごしました。

JPライドが恐いというKちゃんの映画ベスト1は、
なんとスプラッターホラーの古典である
「悪魔のいけにえ」とのことで驚きました。(笑)
それならB級ホラーやカルトホラーが好きなやすさんとは
まさに似合いのカップルですw。

そのうちSさんがコーヒーに
あまり口を付けていないのに気が付いて、
改めてお聞きしたら、「コーヒーはまったくダメなんです」
とのことでした。(汗)
それならそうと始めに遠慮なく言ってくれれば、
紅茶くらい何杯でもご馳走したんですが、
その頃にはやすさんから「どこにいるの?」という電話が
かかって来てしまったので、外に出ることになりました。
どちらにせよ、Sさんには悪いことをしてしまいました。(汗)
[ 2005/12/11 11:04 ] 旅行・聖地巡礼 | TB(0) | CM(0)

第五回USJオフ会(その2)

USJ-映画のテーマパーク
★バナークリックでUSJ公式ページへ★


ちょっと出遅れたので、
朝イチは混んでいるであろうスパイダーマンは敬遠して
まずは「ターミネーター2・3D」を観ました。
こちらの名物女性キャスト、綾小路麗花のビッチぶりが
今回もゲストの笑いを誘っています。
特にりょうさんは大笑いしておりましたw。

次に本命の「アメージング・アドベンチャー・オブ・
スパイダーマン・ザ・ライド」へと向かいました。
今回も「スパイダーマン」には何度か乗りたかったので
多少並んでも我慢して待つつもりでしたが、
幸いなことに30分程度の待ち時間でした。
入口でSさんが「恐いのは苦手で」と尻込みしていましたが、
「これは楽しいから」と説得して、全員で並びました。

ライドに乗り込んでからは、Sさんが絶えず悲鳴を上げ続けw、
「すごい肺活量だなぁ」と妙に感心してしまいましたw。
りょうさんも「あの悲鳴が一番の効果音になって盛り上がった」
と喜んでおりましたw。
今朝、体調不良だったとのことでちょっと心配でしたが
ご本人もそれなりに楽しまれたようで安心しました。

次に「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」
に向かいました。

外のデロリアンが以前の場所とは違い、
ストアの裏側に位置を移して駐車されていました。
この前で全員の記念写真を撮って欲しかったのですが、
近くにキャストが見当たらなかったので諦め、
待ち時間を確認しました。
すると、45分と園内一番の混みようでした。
そこで午後にでもまた来ることにしてストアを覗きました。
ここでカブリモノが大好きなりょうさんがドクのカツラ
(白髪頭に銀色のサングラスをかたどったカツラ。
 サングラス部分に「バック・トゥ・ザ・フューチャー・
 ザ・ライド」と印刷されている)を買って、
以後、退園まで頭に被って過ごしておりましたw。

ドクのカツラ

この白髪頭が目立つ上に、他に着けている人も居なかったので
人込みの中の白い頭を目印に、僕等は一日、
一人も迷子になることなく過ごせたのですw。
りょうさん、ありがとう♪


「バックドラフト」の前を素通りし、
「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」の前まで来ました。
絶叫系が苦手だというKちゃんとSさんが「待つ」というので
一旦は(100円値上がりして)300円也のポンチョを買って
残りの全員で列に並びかけたのですが、
絶叫系が大好きなCodyさんが居ないうちに乗ってしまうと、
午後にまた、おふたりをお待たせしなければならなくなるかも
しれないので、急遽、取り止め、「JAWS」に向かうことにしました。

アトラクション前に吊るされた巨大なホオジロザメの前で
全員で記念写真を撮りました。
Codyさんが合流したらもう一度どこかで
全員の記念写真を撮るつもりでいたのですが、
午後は時間との戦いで忙しなく、結局、
9名一緒の写真は撮り忘れてしまいました。(大汗)
Codyさんには申し訳なかったです。

「JAWS」では、初めてインパークした
りょうさんとSさんにジョーズが一番よく見える
ボートの左側の席に座ってもらいました。
ところがここはよく水を被る場所でもありましたw。
乗り終えて見てみると、特にりょうさんは
上着の左側がびしょ濡れになっていました。(苦笑)
[ 2005/12/11 11:02 ] 旅行・聖地巡礼 | TB(0) | CM(0)

第五回USJオフ会(その1)

USJ-映画のテーマパーク
★バナークリックでUSJ公式ページへ★


翌11月30日(水)は5回目となるUSJオフ会です。

この日のUSJの営業時間は10:00から19:00まででした。
平日とは云え、クリスマス・シーズンに夜7時で閉園とは、
「よほどヒマなんだろうなぁ。経営は大丈夫なのか?」と
人事ながら心配になって来ますw。
これでは園内でゆっくり夕食も取れないので、
退園後は希望者だけで梅田の居酒屋に移動し、
二次会を行うつもりでした。

今回の参加者は、近畿組のやすさん、spectreさん、Codyさん
の三人と、USJオフ会は初めての参加となる、りょうさん
という常連組(椿さんは今回は残念ながら仕事の関係で不参加でした)
に加えて、やすさんの付き合い始めたばかりの彼女、Kちゃんと、
Codyさんのご友人、Bさん、Sさん、Nさんの三人の女性で、
主催者の僕を含めると、総勢9名の予定でした。
これは2001年からのオフ会で過去最高の参加人数で、
初対面の方が四名もおりましたし、
こんなに大所帯になって大丈夫なのかなと、
正直、少し不安でした。(苦笑)

Codyさんだけは、午後1時過ぎからの参加になるということで
インパークしてから落ち合う予定でしたが、
他の7名とはユニバーサル・シティの「モスバーガー」に
9時半集合という約束でおりました。


梅田のホテルを9時前に出て、ヨドバシの脇を通っている時に
Codyさんから「三人の女性陣がちょっと遅れる」と
連絡がありました。どうやら三人の内のお一人が
体調不良になり、自宅を出るのが遅れたようです。

その後、大阪駅から環状線に乗り、西九条で一旦下車して、
向かいのホームで乗り換え電車を待っている時に、
若い女性を連れたやすさんに声をかけられました。
どうやら同じ電車に乗っていたようです。
やすさんに彼女のKちゃんを紹介してもらって
三人で一緒にユニバーサル・シティ駅に向かいました。

途中、先に着いたspectreさんから連絡があり、
モスバーガーの店舗が以前あった場所から
通り沿いに変わっていると聞き、驚きました。
一年半も経つと、結構、様変わりしているものです。
[ 2005/12/11 11:00 ] 旅行・聖地巡礼 | TB(0) | CM(0)

「FinePix F11」で撮る高台寺からの夜景

夜間拝観を済ませて、外へ出てから
「FinePix F11」を持って来たミニ三脚にセットして
夜景モードで、京都の夜景を撮影してみることにしました。
高台寺はその名の通り、高台に位置しているので
京都の夜景を撮るには絶好のロケーションです。


まずは高台寺の鐘楼です。
高台寺の鐘楼

高台寺からの京都駅方向の夜景です。
高台寺からの京都駅方向の夜景

高台寺の階段(台所坂)方向の夜景です。
高台寺の階段(台所坂)方向の夜景
[ 2005/12/07 12:07 ] 旅行・聖地巡礼 | TB(0) | CM(0)

「FinePix F11」で撮る晩秋の京都

11月29日は朝8時過ぎに出発して
上越、東海道と新幹線を乗り継いで、
午前11時半頃に京都に到着しました。

市内の寺院の紅葉は過去に何度か見ておりましたので
今回はちょっと足を延ばして、大原に向かうことにしました。
駅から京都バスで1時間弱の距離になります。

途中、比叡山ロープウェイ駅の周辺から
紅葉が一気に見事になり、感激しました。
大原では「三千院」と「寂光院」に行きました。
どちらも紅葉が素晴らしく、いい時期に訪れることが
出来たようです。

昼間はハイビジョン・ハンディカムの「HDR-HC1」
をメインに、道々、目に付いた風景を撮影致しました。

三千院

三千院にて

上が三千院で下が寂光院です。

寂光院

寂光院の庭


午後4時頃に大原のバス停まで戻って来ましたが
京都駅行きのバスには長蛇の列が出来ていた為、
空いていた地下鉄烏丸線の「国際会館駅」行きの
バスに乗って戻ることにしました。
[ 2005/12/07 11:17 ] 旅行・聖地巡礼 | TB(0) | CM(0)

デジカメ「FUJIFILM FinePix F11」を購入

11月30日に大阪のUSJでオフ会を行いました。
それに伴い、29日から二泊三日の関西旅行に出掛けたのですが
手持ちのデジカメは夜になるとほとんど用を成さないので、
これを機会に、新しいデジカメに買い換えようかなぁと
その数日前から考えていました。

前々からCMやクチコミを参考に、次は「FinePix F10」かな
と思っていましたが、メディアも一緒に買わないといけないので
発売されて以来w、ずっと迷っていました。
(手持ちの「Konica KD-400Z」のメディアはSDメモリーカードと
メモリースティックで、フジはxD-Picture Card)
しかし、つい先日、10月に新型の「FinePix F11」が発売された
と知り、出発の一日前に遂に購入してしまいました。



FUJIFILM | 企業情報 | ニュースリリース | FinePix F11
FUJIFILM | パーソナル製品 | デジタルカメラ | FinePix | FinePix F11
FinePix.com
あの最強機がさらに進化!? Finepix F11
- [デジタルカメラ]All About

デジカメWatch 気になるデジカメ 長期リアルタイムレポート
 2005年12月のバックナンバー

 富士フイルム FinePix F11【第1回】
 地味ながら期待大、F10からの変更点

 富士フイルム FinePix F11【第2回】
 マクロモードの疑惑を検証

 富士フイルム FinePix F11【第3回】
 「高感度」といえばお約束の水族館

 富士フイルム FinePix F11【第4回】
 シャッター優先AEでライトアップ紅葉を撮る

価格.com 「FinePix F11」
楽天市場 「FinePix F11」検索結果
Amazon.co.jp 「FinePix F11」
[ 2005/12/04 12:47 ] 日常の雑記 | TB(1) | CM(0)

11月に購入したDVD

10月末から11月に購入したDVDをメモしておきます。

国内盤

「宇宙戦争 (2005) スペシャル・コレクターズ・エディション」(2枚組)
「ハウルの動く城」(2枚組)
「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」(2枚組)
「アイランド 特別版」
「ポーラー・エクスプレス 特別版」(2枚組)
「24 -TWENTY FOUR- シーズン4 DVDコレクターズ・ボックス」(12枚組)
「サハラ -死の砂漠を脱出せよ-」(2枚組)
「華氏451」
「ドゥ・ザ・ライト・シング」



米国盤

Bewitched (2005)
 「奥さまは魔女」

House of Wax (Widescreen Edition) (2005)
 「蝋人形の館」

Madagascar (Widescreen Edition) (2005)
 「マダガスカル」

Charlie and the Chocolate Factory (Two-Disc Deluxe Edition) (2005)
 「チャーリーとチョコレート工場」

Stealth (Widescreen Edition) (2005)
 「ステルス」(2枚組)

AVP - Alien Vs. Predator (Unrated Director's Cut) (2004)
 「エイリアンVS.プレデター」(ディレクターズ・カット長尺版)

The Polar Express Gift Set (Two-Disc Widescreen Edition with Snow Globe and Toy) (2004)
 「ポーラー・エクスプレス」(Gift Set/2枚組)

[ 2005/12/04 11:50 ] DVD、BD、HD DVD | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。