Cinema Kingdom Blog
FC2ブログ

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2005 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312005 08
HOME > アーカイブ - 2005年07月

「宇宙戦争」:スピルバーグにとっての「マーズ・アタック!」

「宇宙戦争」の感想をあちこちのブログで読みました。
以下、またまたネタバレが含まれますから、ご注意下さい。


スピちゃんとトムくんの映画ですから賛否両論というか、
絶賛かボロクソかという風に大きく二分されるのは
仕方の無いところなのでしょうね。
この二人の場合は、ひとりずつでもそうなる訳ですから
なお更ですしw。

でもボロクソな感想のほとんどは古臭いとかラストが陳腐
というものでした。
でも、この映画は100年以上前(19世紀末だよ)書かれた原作を
50年前(半世紀前だよ)に映画化した作品のリメイクなんです。
設定やプロットが古臭いのは、SFの古典である「宇宙戦争」の
リメイクなんですから当然なんですよ。

スピルバーグが少年期に見た50年代のSF映画を愛し、
あこがれを抱いていたことは間違いありませんから、
この映画はスピルバーグにとっての「マーズ・アタック!」
だったのではないでしょうか。ラストも一緒ですしね。(笑)

「マーズ・アタック!」(1996)
50年代のB級SF映画にオマージュを捧げた、
ティム・バートン監督のSFコメディ。
この映画もパル版「宇宙戦争」のプロットが元ネタ。
ラストもジム・ブラウン扮するバイロン(黒人の元ボクシング
世界チャンピオン)がNYに住む、別居中の妻子の元に帰る
ところで終わる。
スポンサーサイト



[ 2005/07/01 12:22 ] 映画 | TB(3) | CM(5)