Cinema Kingdom Blog

Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2005 02123456789101112131415161718192021222324252627282930312005 04
HOME > アーカイブ - 2005年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今回はハズレを引いたかも(苦笑)

まだV880とは繋げないので、コンポーネント接続している
HDD&DVDレコーダー「TOSHIBA RD-X5」でDVDを観てみました。
(因みに、信じられないかもしれませんが、
 最新機種で値段も高い「RD-X5」で観るDVDより、
 DVI接続が可能な安物のV880改造機の方が遥かに高画質です)

買ったまま未見だった「イン・アメリカ 三つの小さな願いごと」
をプログレッシブ再生してみますと、やはりコーミングが出ます。
プログレッシブ入力時にはAE700側の「シネマリアリティ」は
キャンセルされる仕様のようで、今度はオフに出来ません。
結局、1080iでも480Pでもコーミングが出る訳です。

字幕のコーミング以外は、画素欠けもなく、
映像も問題ないのですが、気になると云えば、気になります。
「RD-X5」側の設定をインターレースにしますと
映像が多少甘くなりますが、字幕のコーミングは消えます。
まったく困ったものです。

※追記※
後で気が付いたのですが、歴代の東芝のDVDレコーダー
のフラッグシップモデル(X3にしてもX5にしても)は、
もともとコーミングが出やすいと云われていました。
TVで国内盤を観る機会が少ないので気が付きませんでしたが、
よく確認してみると、36型のブラウン管WEGAでも時折、
字幕の切り替わる際にコーミングが出ていました。(汗)
※追記終了※


HDMI接続時には、コーミングの他に、
まれに映像にフラッシュのような現象が起こるだの
動きのあるシーンでひどい残像が出るなどの不具合が
報告されています。
この個体でもそれが出るのか、ちょっと心配です。
まあ、そうなったらサービスを呼ぶか、
アバックに交換願いをすることになるでしょう。

DVI→HDMI端子変換ケーブルの長さを3mにしたのも失敗でした。
プロジェクタの位置を下げたので、1mでも余ります。(苦笑)


また、サービスマンモードに入って、
クロスハッチ信号で画素ズレ(色ズレ)もチェックしました。
白のクロスハッチで見ますと、スクリーンの下に行くにつれ
わずかに色ずれが大きくなっています。
これは画素ズレというより、レンズシフトを使っている影響
による色収差のようです。
となると、逆さで天吊りしている以上、これといって
対処の仕方がありません。
まあ、実際の映像ではほぼ分からないので無視しましょうか。


う~ん…
どうも今回はハズレを引いたような気も致します。(苦笑)
スポンサーサイト
[ 2005/03/24 14:48 ] ホームシアター | TB(0) | CM(0)

TH-AE700、設置

レンズシフト機能を使うことによって、多少なりとも
画質が落ちているのではないかと心配なので
チェアに座った時に頭の影が映りこまないギリギリの低さまで
天吊りキットを下げました。



これでもまだ多少レンズシフトを使わなければなりません。
この「AE700」は天吊りにはハッキリ云って向きませんね。
本体を逆さにしてレンズシフトを使うまいとすると、
とんでもなく高い位置にしか映写出来ません。


※追記※
試しに、天吊り器具の方向を逆にして
本体を上(本棚などに普通に置いたよう)にして
仮設置してみました。
ところが、レンズシフトを使うまいとすると
やはりスクリーンの上半分にしか映写出来ません。
結局、上下どちらにしても高い位置から映写する場合は
レンズシフトを使わざるを得ないようです。
(レンズシフトを使わないようにしたい場合は
 レンズの中心がスクリーンの中心に来るように
 設置しなければならない)

以前どこかで読んだ記憶があるのですが、
松下のプロジェクタ開発チームの方がインタビューで
「ユーザーアンケートによると、AE300やAE500を
 視聴位置の前にあるテーブルなどに置いて使っている
 ユーザーさんが意外と多い」という主旨の話をしていました。

AE700の映写位置のこのデフォルト設定は、
もちろんレンズシフト機能を搭載した関係
(デフォルトで中心でないと上下左右へのシフト幅が偏る)
もあるのでしょうが、この話にあるように視聴位置より前にある
低めのテーブルに置いた場合にちょうど良い位置になるように
なっているのでしょう。
今までは本体後部にあった排気口が、
AE700では前面(実際は斜め横方向に排気されます)に
変更になったのも、この辺りに理由がありそうです。
※追記終了※


D-VHSでハイビジョン録画の映画を観ていて気付きましたが
字幕のフォント部分にコーミングが出ます。
※名の通り、横に櫛で梳かしたかのように割れて見えるノイズ。
 i/p変換の弊害として出る場合がある。
価格.comのAE700板にも報告が載っていましたが、
これは「シネマリアリティ」の設定をオフにすると解消しました。
DVDはまだ再生していませんが、さて、どうなるでしょう…。
[ 2005/03/24 06:55 ] ホームシアター | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。