日常の雑記 Cinema Kingdom Blog

日常の雑記 Cinema Kingdom Blog

映画、国内&海外ソフト、ホームシアター機器、旅行、写真、アニメ「あの花」を肴に綴る徒然雑記

2018 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 06
HOME > カテゴリー - 日常の雑記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ホームページ「岩窟王の CINEMA KINGDOM」閉鎖のお知らせ

皆さん、お元気でしょうか?岩窟王です。
ここ数年、発言はもっぱらTwitterばかりで、
ホームページもこちらのブログも
無更新のまま放置状態になっておりますが、
今回はお知らせをするために
久々にブログを更新することに致しました。

タイトルにあります通り、本日2018年3月13日付けで
(意図した訳ではないのですが、奇しくも自分の誕生日です)
「岩窟王の CINEMA KINGDOM」は
レンタルサーバー会社との契約を打ち切り、
完全閉鎖することに致しました。

これに伴い、長年愛用して参りました
「gank@dvd.or.tv」のメールアドレスも使えなくなります。
今後、こちらにご連絡の際は「gank2o@hotmail.com」宛で
お願い致します。


相互リンク先の管理人の皆様、
本来であれば個々にご連絡をしてお詫びをすべきところ、
こんなかたちでのご報告になり、
まことに失礼で申し訳ありませんが、
URLとサイト名の削除をお願い致します。

なお、こちらのブログはこのままになります。
(今後もあまり更新は出来ないと思いますが。汗)

思い起こせば、個人サイトを開設したのが1999年1月、
その後、二度のURL移転を経て今日までですから、
ずいぶんと長い年月が過ぎ去ってしまいました。
もう5,6年以上、まともな更新をしておりませんので
このところの一日辺りの訪問者はわずかになりましたが、
最盛期には毎日多くのアクセスをいただき、
多くの訪問者と 共通の趣味について
語り合う機会をいただきました。
とても楽しく、有意義な日々でした。

相互リンク先の管理人様、
拙いコンテンツにもかかわらず
開設時から今まで訪問してくださった多くの皆様、
改めまして 長年のご厚意に感謝致します。
本当にありがとうございました。


スポンサーサイト
[ 2018/03/13 10:34 ] 日常の雑記 | TB(0) | CM(0)

twitterのつぶやきをFC2ブログにまとめて投稿

この春からTwitterを本格的に始めて、もう5,000ツイートを越えているのですが、
FC2ブログに「twitterのまとめ記事」機能があることを今日遅まきながら知りまして、
試しにやってみることにしました。
一日毎にひとつの記事にまとめてくれるらしいですが、
過去のツイートのまとめもやってくれるとのことで現在処理してもらっています。
と言ってもこれだけの数のツイートをまとめるとなると、時間もかかるでしょうし
一日分を一記事として、半年分ともなると180前後の記事が生成されることになるので
どうなるかよく分かりません。(大汗)
駄目そうだったり、使えなさそうだったらすぐに止めますw。


あと、まったく関係ない話ですがw、
あんまりデキが良いので、今朝、これ予約しちゃいました。



[ 2013/12/22 06:57 ] 日常の雑記 | TB(0) | CM(0)

宝島社「このミステリーがすごい! 2014年版」

12月9日に「このミステリーがすごい! 2014年版」が発売されました。
今年はちょっとご紹介と掲載が遅れてしまいました。すみません。(汗)


このミステリーがすごい! 2014年版

毎年恒例ですが、今年もそのベストテン結果を、本家サイトの
『宝島社 「このミステリーがすごい!1988年~2014年版
ベスト10一覧リスト』に掲載、更新致しました。

宝島社「このミステリーがすごい!」ベスト10一覧リスト(2014年版)


■このミステリーがすごい! 2014年版 国内編・海外編ベスト3
【国内】
 1.ノックス・マシン             法月綸太郎       角川書店
 2.教場                   長岡弘樹        小学館
 3.ブラックライダー             東山彰良        新潮社

【海外】
 1.11/22/63(上下)         スティーヴン・キング          文藝春秋
 2.遮断地区                 ミネット・ウォルターズ         創元推理文庫
 3.冬のフロスト(上下)           R・D・ウィングフィールド        創元推理文庫

このミステリーがすごい! 2014年版このミステリーがすごい! 2014年版
(2013/12/09)
『このミステリーがすごい!』編集部

商品詳細を見る

ノックス・マシンノックス・マシン
(2013/03/27)
法月 綸太郎

商品詳細を見る

11/22/63 上11/22/63 上
(2013/09/13)
スティーヴン キング

商品詳細を見る

[ 2013/12/22 06:29 ] 日常の雑記 | TB(0) | CM(0)

宝島社「このミステリーがすごい! 2013年版」

昨日の8日、「このミステリーがすごい! 2013年版」が発売されました。
これが出ると「今年ももう師走なんだなぁ」と実感しますね。
国内版の第1位は横山秀夫の『64<ロクヨン>』でした。
発売中の「週刊文春」(12月13日号)に掲載の「2012ミステリーベスト10」
でもダントツの一位でしたが、「このミス」でも同様でした。
そこでついでに買って来ました。
(因みにどちらも二位は宮部みゆきの「ソロモンの偽証」でした)



毎年恒例ですが、今年もそのベストテン結果を、本家サイトの
『宝島社 「このミステリーがすごい!1988年~2013年版
ベスト10一覧リスト』に掲載、更新致しました。

宝島社「このミステリーがすごい!」ベスト10一覧リスト(2013年版)

■このミステリーがすごい! 2013年版 国内編・海外編ベスト3
【国内】
 1.64<ロクヨン>            横山秀夫        文藝春秋
 2.ソロモンの偽証(第1部)       宮部みゆき       新潮社
 3.機龍警察 暗黒市場         月村了衛        早川書房

【海外】
 1.解錠師                   スティーブ・ハミルトン  ハヤカワ・ミステリ
 2.占領都市 TOKYO YEAR ZERO II    デイヴィッド・ピーズ   文藝春秋
 3.無罪                    スコット・トゥロー     文藝春秋


このミステリーがすごい! 2013年版このミステリーがすごい! 2013年版
(2012/12/08)
『このミステリーがすごい!』編集部

商品詳細を見る



[ 2012/12/09 14:59 ] 日常の雑記 | TB(0) | CM(0)

「柳家小三治 柳家三三 親子会」(11/9 武蔵村山)

昨日の11月9日(金)、埼玉県と東京都の境にある
武蔵村山市の「武蔵村山市民会館大ホール」で行われた
『柳家小三治 柳家三三 親子会』 に行って参りました。



東京都武蔵村山市は埼玉県所沢市のすぐ南側に位置します。
チケット抽選を申し込んだ時は、距離や位置関係を
あまり深く考えずに「狭山湖の近くならそう遠くはないだろう」
と思って気軽にポチッとやりました。
出来れば、楽な電車で行こうと思っていたのですが、
どんなルートがあるのかと乗り換え検索をしてみましたら、
片道で約2時間半前後(!)もかかることが分かりました。
埼玉県北部にある僕の町から向かうとなると、
大回りを強いられて途中何度か乗り換えをしなければならず、
最寄り駅に着いてからもバスに乗り換える必要があったのです。
そこで今回は、電車を使うのはあきらめました。
(それでも片道、1時間40分程度かかりました。苦笑)

親子会は、午後6時半開場、午後7時開演だったのですが、
少し早めに着いたので近くのレストランで夕食を取り
開場5分過ぎくらいにホールに入りました。

[ 2012/11/10 22:38 ] 日常の雑記 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。